BOOKS WANDERVOGEL

bookwangel.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 29日

「かなたの子」

b0145178_22221621.jpg
夜の墓地は誰もが苦手だろう。
メキシコとかだったら違うのかも知れないけど、日本でのイメージはよくない。
先祖から続く、じっとりほの暗い場所。墓地だけでなく、どこか異次元につながってるような、禍々しい雰囲気を感じる、そんな空間が日本にはまだまだ、あちこちぽっかり開いているように思う。

一作目の『おみちゆき』。
村が寝静まったころ、集落の家々が持ち回りで、ある人物のお墓に向かう。
母親が夜な夜な支度を始め出した征夫は、母が帰って来るまで寝付けそうにもない。
そしておみちゆきに行く母について行くことにする。
知りたくない でも 知りたい
その狭間で揺れていた征夫が後に見たものとは?

出てくる場所は日本だけれど、これと言って場所の特定は無くとも、なぜか既視感があるような、昔に訪れたことがあるような、そんな土地が次々と現れる。

読んでいて思い出すのが夏目漱石の『夢十夜』。
漱石の話では背中におぶった子はだんだん重くなり、背負う父を責めるけれど、しかし角田さんのほうでは、どちらが良いも悪いも無い。さらにはどちら側という境界線も無い。
その描き方が独特で、読んでいると不思議な感覚に襲われる。
はて、読んでいるのは現在の話だったか、過去の回想だったか?
そもそも読んでいる「私」はいったいどこを生きているんだっけ?

知るのは怖いが、どうしても足がそちらに向いてしまう。
その「どうして」が描かれている。怖くてせつない物語。
[PR]

by bookswandervogel | 2012-01-29 22:29


<< 「曾根崎心中」      「嘆きの美女」 >>