BOOKS WANDERVOGEL

bookwangel.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 22日

『夏の嘘』

b0145178_2134794.jpg
誰もが小さい頃「人に嘘をつかないこと」を大人から教わった。嘘=悪という印象が強い。
また誰もが教わったにもかかわらず、嘘をついたことがない人なんて居ないのはなぜだろう。

人に悪意を持って騙す嘘はよくないが、「悪い嘘」とともに「良い嘘」もあるからだろうか。
ここに出てくる人たちは、だれかを騙そう貶めようと考えたのではない。みな良かれと思って嘘をつく。また自分に対して無意識についてしまった嘘もある。過去にあったことを捻じ曲げてしまったのだ、生きていくために。


だれもが物語の主人公を生きている。
周りにいる人は自分から見たらエキストラでしかないが、その一人一人は間違いなく自分の物語では主人公だ。
ある病を抱えた老人が、主人公としてうまくことを運ぶためについた人生最後の嘘は、周りの人たちには裏切りとしか捉えられない。良かれと思ってついた嘘に対して、それを知ったエキストラは一人、また一人と去ってゆき、一人取り残された主人公は、自分もエキストラの一人だったことに気づく。
「きみなしでは生きられない。洗濯物のためではないよ。-きみなしで生きられないのは、きみがいないとすべてに意味がなくなってしまうからなんだ。ぼくが人生のなかでやってきたことはすべて、きみがいるという前提のもとでできたことなんだ。」

嘘をついて人を惹きつけようとし、思いもしなかった事のなりゆきへと導かれていく。

以前の短篇集『逃げていく愛』(2001年)も印象深い作品が多かった。短篇でこれだけドラマチックに人の普遍的な部分を描けるなんて!と舌を巻く。登場人物の魅力も大きい。オーケストラのフルート奏者、初めての戯曲が公演される劇作家、引退した大学講師、いつの間にか妻のほうが売れっ子になってしまった作家、ある日、子や孫への愛が消え失せていると気づいてしまった老女・・・。
見落としてしまいそうな小さなエピソードを掬いあげ、たいへん真面目にそして滑稽に、軽妙な語り口で読ませてくれる人間讃歌。
いつしか自分が思い、考えたことのある人と人との違和感みたいなものをカタチにしてくれている気がする。
[PR]

by bookswandervogel | 2013-10-22 00:48


     『その青の、その先の、』 >>