BOOKS WANDERVOGEL

bookwangel.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 28日

「横道世之介」

b0145178_209545.jpg
早くも本屋大賞、決定です!(私の中では。)
あの『悪人』とほぼ同じページ数ながら、まったく違う戦法で挑んだ長編小説。

九州から上京して来た世之介の大学生活一年目の話と、その間に世之介に関わった人たちの20年後の話。
当の世之介は可も無く不可も無く、これといって突出したところも無いふやけた大学生。
特に大学一年目で成長をしたわけでもなく、何かが起こったわけでもなく、達成した何かがあるわけでもない。

けれどなんともかけがえのないきらきらした一年。一冊をかけて「世之介」という人物の輪郭を丁寧に描いている。

話の構成が、あの話があそことつながって..ここの話はここの部分からつながって...というのが気付かぬうちに、しかも嫌みなく仕上がっていて巧い!のほほんと読んでいると ふいにほろりとさせられ、不意打ちをくらいます。

読んだら誰もが世之介を好きになる。何とも愛しい憎めないヤツ。
右目が少し見えるか..?というカバーもすごい。裏を見ると頭の部分になんとバーコードがかぶっている。
売場で平置きになっている彼をうっすら見るたび、「あぁ..世之介 そこに居たのね..。」と懐かしい目で彼を見ている。
[PR]

by bookswandervogel | 2009-09-28 00:51
2009年 09月 25日

「水曜日の神さま」

b0145178_23272324.jpg
角田さんの旅中心のエッセイ。
書く=旅する、どこかを旅すれば小説が書ける、という時期があったそうだ。けれどいつしか書くことと旅することは、ゆっくりと切り離されてゆく。

角田さんの旅はいわゆるバックパッカーで、安く行ける場所にお金を少しづつ使って長く滞在する、というもの。勢いがあり、時間だけはたっぷりあって、一人でも全然寂しくない。苦々しい出来事もなんだか笑って許容できる、そんな旅だったのだろう。
旅だけじゃなくて、時を経るにつれていつの間にか変化している感覚って、誰にでもある。
自分の目でとらえたものを書こう、見えないものは書くまいと思っていた彼女はもはや、旅先で何か言葉をひねり出すことをしなくなった。
見開いた目に飛び込んできた光景は、言葉に変換されず、ただゆっくりと彼女の内に沈殿する。

「私が旅を愛するのは、自分というものがけっして普遍的な存在ではない、と知ることができるからである。」
「見慣れた場所で昨日のくり返しのような日を送るのも、果てしない旅の一瞬である。」
この部分に痛く共感。
私たちの日々の暮らしは 果てしのない あたらしい たび。
[PR]

by bookswandervogel | 2009-09-25 00:38
2009年 09月 21日

「光」

b0145178_23202011.jpg
『そのさきは無だ。
真っ暗な闇が広がるばかりだ。
境内から集落につづく斜面も、海岸沿いにあったはずの集落も、黒々と塗りつぶされている。灯りはひとつ残らず消えた。』

そして朝が来る。

『光がすべての暴力を露にした。』

島を襲った津波によって 何もかもを失った幼なじみの3人。
身近な人々、毎日疑問もなく目にした光景が陰惨なものに変わってしまう瞬間を目にした彼らの「生」というものの価値がぐらりと揺らぎ、「死」が急速にぴったりと寄り添う。
生きている限り、それが無くなることはないのだ。
無かったふりをしてでも、生きていく。

読んだ後には波に何かをさらわれたような虚無感が漂う。
日常にひたひたと迫る冷たさが 淡々と綴られて怖い。
[PR]

by bookswandervogel | 2009-09-21 00:36
2009年 09月 15日

「いらっしゃいませ」

b0145178_23444818.jpg
出版社に就職した女の子 みのり。配属先は受付。
                         
新入社員のみのりは、なんでも吸収してやろう 早く人に慣れよう あの先輩のようにばりばりこなそうと意気込み、そして何事にも経験が少ない自分がとてもまどろっこしい。

そして。一年もたたないうちに、こう思う。
『会社員になったからといって、ファンファーレが鳴るような、華々しい日々が始まったわけではなかった。「新人」が「新人」として、みんなに面白がられてたのは最初の一ヶ月だけではなかったか。その後は、仕事を覚えることに一生懸命で、その時期が過ぎると、なんだか慣れてきて、その次にくるのはただの繰り返しだった。会社員だということは、この繰り返しに耐えるということなのだ。』    

日々の単調さに心は風化してしまいそう。けれど負けちゃだめだ、とみのりは思う。
会社で働いていくのに必要なのは、我慢のなかでも「何か」を忘れないことではないか。
「何か」とは入社時にだれもが感じる、あのキラキラした気持ち。

みのりは自分の身の丈を知っていて、正義感が強い。やさしくて、きびしい。
起伏があるようでないような毎日の仕事をこなしながら、ふと思い出したように「わたし、ちゃんとしなくちゃ。」と、漠然とだけど自分を律する彼女が とてもかわいらしい。             
[PR]

by bookswandervogel | 2009-09-15 23:58
2009年 09月 10日

「学問」

b0145178_005332.jpg
最近は専らエッセイや文学評論、芥川賞の選考委員として名前が挙がることが多い山田詠美の2年ぶりの小説。

生と性を描いた青春小説であり恋愛小説。
「人間の欲望ってものをきちんと取り上げてみたい」という思いで書かれたものらしく、食欲・性欲・支配欲・睡眠欲・知識欲をそれぞれ持った人物が出てくるが、象徴的過ぎてリアリティに欠けた気がする。
好きな作家だけに前評判の良さに期待し過ぎたのかも・・。

『蝶々の纏足』『風葬の教室』『放課後の音符』『僕は勉強が出来ない』などの思春期を描いた作品の集大成とも言える作品だと思うが、長編より短編の作品の方が山田詠美の魅力を感じる。

初期の頃の黒人との恋物語・・自由で軽快でウィットに富んでて、かつせつない抒情を描いた作品が好きな人(私がそう。)にはあまりオススメしません。
[PR]

by bookswandervogel | 2009-09-10 00:51
2009年 09月 05日

「くまちゃん」

b0145178_044783.jpg
「くまちゃん」てなに??くまの話?角田さんらしからぬタイトルに一瞬戸惑う。しかしいやはや、またも角田光代に泣かされたのでした。

登場人物の誰にも私は似ていないのに、彼らの心の動きや痛みにものすごく共感するのは何故だろう。
ああそうだよね、こういう時はこんな行動取ってしまうよね、とか 愛あるまなざしでどの人も受け入れられる。

ひとつ話が終わると、その話の中に居た誰かが 次の話の主人公になっていたりする。でも前の話に居た時は強そうな印象だったのに、今度の話ではまた違って見えるなぁ・・。
人は接する相手によって違う顔を持つのもので、たくさんの「一面」を持って「その人」が成り立っているのだなぁと気付かされる。

とにかくみーんなふられっぱなし。
過去にふられた経験のある人も、ふった経験のある人も泣き笑いしながら明るく読めます。
「くまちゃん」のくまちゃんて・・?の疑問は第一話で解決し、くすりと笑える。
[PR]

by bookswandervogel | 2009-09-05 00:30