BOOKS WANDERVOGEL

bookwangel.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 20日

「ヘヴン」

b0145178_1629538.jpg
苛めを真正面から取り上げ、「善とは、悪とは?」という重いテーマに果敢に挑んだ意欲作。

「苛められ暴力を受け、なぜ僕はそれに従うことしかできないのか」
ある日14歳の「僕」は同じく苛めを受ける同じクラスの女子・コジマから手紙を受け取る。
「わたしたちは仲間です」

思想を持ち、怖れることなく静かに耐え続けるコジマはまるで聖職者のようだ。コジマの存在が僕の今までの日々を肯定し、生きる意味に輝きを与えていた。意味のある弱さの「しるし」を僕の中に持っている限りは。

離れてしまえば、学生生活の日々など 皆が通過する一時の小さな世界の出来事のように思える。
けれどその小さな世界は、実はこの社会という 大きな世界の縮図なのだ。
苛める側の百瀬と僕との対話は、百瀬が圧倒的な強さと現実的な説得力を持っており、現代社会における構造を示唆しているかのよう。
「善」である側のコジマと「悪」である側の百瀬の声がふたつ重なり合うシーンは「善と悪を分かつものは何か」という問いを、読む側に鮮烈にたたきつける。

一度でも弱い側に立ったことのある人にとって、とても痛くて苦しい作品だと思う。
けれどコジマの「弱いかもしれないけれど、わたしたちはちゃんと知っているもの。」という言葉に、その辛かった日々がすうっと肯定されるかも知れない。僕が見た新しい世界に 同じ輝きを見出せるかも知れない。

過去の川上作品はどれを読んでも全くなじめなかったが、再チャレンジした甲斐がありました。
[PR]

by bookswandervogel | 2009-12-20 11:27
2009年 12月 18日

「小太郎の左腕」

b0145178_1331252.jpg
『奇妙な少年であった』
そんな一文から物語は始まる。
歴史小説にありがちな「時は○○・・」みたいな説明は無く、魅力ある人物の描写から始まる手法は ぐっと惹き付けるスピード感があり、歴史モノに疎い私でも読みやすい。

戦国の猛将・林半右衛門は山で猟師の孫・小太郎と偶然出会う。
訳あって隠されていた小太郎のスナイパーとしての腕を知った半右衛門は、戦に小太郎を連れ出すことを目論むが・・・?

戦いにおいてどちらが勝った負けたに重きを置くのではなく、その時代に生きる一人の人間としての心の動きにスポットを照らすのがこの作家の魅力だ。
戦国時代の、大名 武将 その家臣、足軽、百姓に至るまでのそれぞれの人物の心の内を丁寧に描くことで、その時代の大きな社会が汲み取れる作りになっている。

後半部分、半右衛門が自身の決めごと『嘘を吐くまい、卑怯な振る舞いはすまい、恐ろしいと思うたことから逃げまい。そうした決め事をどんどんなくしていく』と苦悩する。
「何をもって生きることを美しいとするのか」ということを生きることの最大の意味としてとらえた彼らの ある意味子どものように単純で純粋な心に胸を打たれた。
[PR]

by bookswandervogel | 2009-12-18 23:57
2009年 12月 17日

「吉祥寺の朝日奈くん」

b0145178_23475246.jpg
恋愛偏差値低めな主人公の奇妙でかわいい恋を描いた『百瀬、こっちを向いて』から1年と半年。早く新刊出さないかなぁ、と首を長くして待った甲斐がありました。

短編5作からなるこの本も、ひとひねりもふたひねりもある奇妙な恋のお話。
細やかな作りでありながら 文体はとても軽く読みやすい。ミステリイの要素も効かせつつ 読後感はどれもさわやか。ちいさな希望の光がぱっ!とフラッシュしたところでラストを迎える。

『百瀬〜』も今回の朝比奈くんでも、主人公の暗さ 野暮ったさ ダメさ加減がとても好きだ。憎めないヤツ。また容姿が美しい女子が多く出てくる作家だが、今回の「交換日記、はじめました」では、先の要素が三拍子揃った女子が主人公で、シンパシーを感じた。

はてさて中田永一という作家さんはなんと覆面作家です。
自分がほとんど読まないジャンルの方だったので「え。」と驚きましたが、それを知ったとしても今後常にチェックしていたい注目作家には変わりありません。
[PR]

by bookswandervogel | 2009-12-17 00:43
2009年 12月 16日

「にょにょっ記」

b0145178_0144223.jpg
にょっ記第二弾。今回も超個人的妄想炸裂。
前回の『にょっ記』よりも軽いなぁ、読みやすいなぁ・・・と感じたのは私だけかな?穂村さんの感覚に慣れたのか、自分の中の妄想癖が穂村さんに近いのか 果たして・・・?

薬局の広告に 新品の洋服についてる注意書きに コンビニのプリンに 「わたみ」の発音に 小さな『?』を持つ感覚は、私達が日頃 口に出して人に聞くまでも無いかな?と思っていることだらけで、ポン!と膝を打ちたくなる。
「ジュテーム投げ」「イカスミ習字」「納豆の像」「名刀バナナ丸」あはははくだらないけどわかるこういうこと考えたあと自分のくだらなさに反省したりするよねーと深く共感する妄想劇は 黙ってれば傍目からは理知的な物思いに耽っているように見える穂村さんが、実は頭の中ではこんな事を考えてると思うとさらに面白い。

前回ではとてもエキセントリックな存在だった『天使』が なんか普通っぽくなってる・・と感じたのも、慣れ なのか冒されているのか。
フジモトマサル氏によるシュールなかわうそ君も健在。
[PR]

by bookswandervogel | 2009-12-16 01:33
2009年 12月 10日

「蝶々喃々」

b0145178_1445650.jpg
めげずに小川糸2作目。
ひとつの作品だけ読んで『こういうのを書くひと』と判断せずに 折りをみていろんな作家さんにチャレンジしたいと思っています。

今回は下町・谷中でアンティークの着物を売るお店の女性が主人公。
栞の居る小さな『ひめまつ屋』には外国人のお客さん、話だけしにくるご近所さん 雰囲気のある着物を探しにくるお客さん 様々な人が行き交う。ある日茶道を習い始めたという春一郎さんが着物を求めにやって来て・・・。

季節の移ろい、着物のもつ独特の雰囲気、糸さんお得意の美味しそうな旬の食べ物!がしっとりとした女の人の目線で描かれている。文中に出てくるおかずを真似して作ってみたらとても美味しく出来た。
またお話に出てくる神社のお祭りや 彼らの行くお店などは実在するものなので、本を片手に物語散歩というのもいいかも知れない。行ったことのあるお店が出て来てうれしかった。

はてさて栞と春一郎さんの行方は賛否両論あるだろうけど、人と人の心がつながるということは 本当に尊いもので とても不思議なもので 予想もしえないことで あたたかいものだなぁと思った。
ほとんどが二人のひそやかな気持ちを描いてはいるが、背景には重いもの 誠実に向き合いたいという想いも感じられる。
粋でいなせな近所のご初老・イッセイさんの「人を好きになるってぇのは、理屈じゃねぇもんなぁ。」というセリフは、イッセイさんの過去の哀しい恋心も匂わせて、きゅんとする。
[PR]

by bookswandervogel | 2009-12-10 02:06
2009年 12月 06日

「食堂かたつむり」

b0145178_2312568.jpg
少し前に話題になった小川糸さんのデビュー作。
巷で流行りの『森ガール』(知ってますか?)が好みそうな、緑に囲まれたファンタジックな食堂のお話。

読んでいるうち、あぁお料理がしたい・・とむくむく感じてくる。
しかもじっくり時間をかけて なるべく丁寧な作業で。
食材を選ぶところから、実際に作るところ、また調理器具までが魅力的に ふんだんに描かれている。
「ザクロカレー」「ジュテームスープ」「ルウツァイ」「ラプサンスーチョン」「ピーマンドルマ」・・どんな味かも見当もつかないメニューは自分の中でほわほわとおいしいイメージを広げた。

自然を描写した場面の語り口がきれいでやさしく、装丁も含めてかわいらしいイメージがあるものの、何故かたまに「?」となってしまうほどの下品な会話が出てくる。わざと使っているのだろうけど、糸さんの意図がよく解らなかった。
また話の流れとしてはよくある展開で そういう感動のさせ方はもういいや・・誰も死なせない話が読みたいな、と思っている私にはちょっと食傷気味だった。

来年2月には映画化されるそうです。りんごちゃん役は柴咲コウさん。
[PR]

by bookswandervogel | 2009-12-06 23:47
2009年 12月 05日

「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」

b0145178_14462586.jpg
女の人が他人を見つめる視線を言語化すると、こんなにも厳しいものなのかー 。嫉妬 憧れ 焦り 自己否定・・・他人を冷静に分析し評価する視線は 実は自分の中にもある同じ部分を認め、自己嫌悪するものでもあるのだ。

都会でフリーライターとして活躍しながら幸せな結婚生活をも手に入れたみずほと、地元企業で契約社員として勤め、両親と暮らす未婚のOLチエミ。幼なじみの彼女達の距離はすでに遠いものとなっていた。あの事件の起こる日までは。
異常なほど仲の良かった母を殺して逃亡するチエミ。その事件の中に、逃げるチエミの中に自分を感じて追うみずほ。

「チエ、どうして?
 私は思う。
 どうして、お母さんを殺したの。何故それは私の家ではなく、あなたの家だったのだ。」

全ての娘は 等しく母に傷つけられている。 そして母も。
キャリアウーマンの道が想像できる都会の女性と違い、地方の女性は結婚しなければ親との密接な関係が避けられない。自立するには結婚しかなく、都会とは異なる息苦しさが20〜30代の娘にはつきまとう。
著者が書きたかったというこのテーマに、世代・環境・立場に関係なくどの女性も 登場する彼女達のどこかに自分のカケラを見出すことになるだろう。
タイトルの「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」に仕掛けられた事実を知ったとき、読者それぞれにどんな思いが込み上げてくるのだろう? 読み終わった人と語ってみたくなる。
[PR]

by bookswandervogel | 2009-12-05 16:26