BOOKS WANDERVOGEL

bookwangel.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2010年 04月 27日

「リアルシンデレラ」

b0145178_0382688.jpg
誰もが知ってる「シンデレラ」。
でもあのお話に出て来るシンデレラって、本当に幸せなの?
『シンデレラストーリー』と言われるようなお話って、自ら幸せを手に入れた人に使うのだろうか?

というのが冒頭の部分。
そして主人公として出て来るのは倉島泉という、他人から見て とてもとても地味に生きた一人の女性。
小さい頃から特に誰から愛されるということも無い、という点は 姉妹 継母から蔑まれて生きてきたシンデレラと似ているが、その後お金持ちの王子様に見初められるようなことは無く、意地悪な人々に仕返しをするのでもなく、お城にお嫁に行くような出来事も無い。

けれど様々な人物から語られる「倉島泉」はそれぞれ見方は少しずつ違いがあっても、実際の本人は自分の価値観をしっかり持った 幸せな女性に見える。

幸せというのは他人の価値観によって決まるものではない。
新たな『シンデレラストーリー』を著者は作りたかったのだ。
姫野カオルコ久々の長篇小説。彼女の”ある女性の一代記”を書いた長篇は(「ツイラク」しかり「ハルカ エイティ」しかり)どれもとても印象的な女性が描かれていて好き。
[PR]

by bookswandervogel | 2010-04-27 01:11
2010年 04月 16日

「星が吸う水」

b0145178_2345735.jpg
個人的に気になっている村田沙耶香。
『ギンイロノウタ』はオドロオドロしてたけれど、こちらはテーマもストレート。すこんと垢抜けた作品。

「ねえ、性行為してて、性が邪魔だって思うことはない?エロさが邪魔っていうかさあ」
2篇とも言いたいことはここだと思う。主人公は二人とも、女でいることを嫌がっていない。男になりたい訳でもない。そして他人と肉体と体温をもって、コミュニケーションしたい。

う〜ん..考えたこともないけど、解らない訳ではないなぁ。
例えば表題作にでてくる主人公・鶴子の友達二人は、自分の中に違和感を抱えつつも、お仕着せの”女性”の役を演じねばならず、また世間からもそれを望まれていると信じて疑わない。
もっといろいろなものから自由になろうとする鶴子は「無ければ創ればよいのだ」と、自分の身体を使って自分の『性』を創ろうとする。

2篇目の『ガマズミ航海』で彼女たちが試みた実験には共感できないが、じゃあいったいどうしたら?という問いかけには、あーでもないこーでもないと誰かと議論をしてみたい。
[PR]

by bookswandervogel | 2010-04-16 20:28
2010年 04月 11日

「南の子供が夜いくところ」

b0145178_016137.jpg
著者が5作目にして「新境地に挑んだ」という作品。
今までの日本を舞台にした物語から抜け出た、トロピカル神話ワールド!

確かに読んでいて、すこーんと抜けたような大きな空と 広い原色に溢れた土地が目に浮かんだ。
けれど独特な恒川ワールドは薄れてはいない。

現実と異世界が交錯する物語、そして怖さの中になんとも物悲しく懐かしい感じを描くのが著者の魅力だが、今回は怖い話だけでなくおとぎばなしのような話、推理小説のような要素もあったりと、今までの作品を気に入って読んできた読者にとっても、うれしい驚きが多いのではないだろうか。

120年生きているという呪術師の少女ユナ、紫の目を持つトイトイ様、土から生えている海賊、マンゴー頭の女...。登場人物を挙げると、? となるだろうが、いざ読み始めると難なく向こうの世界にすうっと連れてかれて、もっとずっと読んでいたい、と読書の幸せに浸っていた。
[PR]

by bookswandervogel | 2010-04-11 01:00
2010年 04月 09日

「女たちは二度遊ぶ」

b0145178_092685.jpg
いったいなにが言いたいのだろう?掴みどころはどこなんだ?と思いながらもページを繰る手は止まらず、いつの間にか読まされてしまう。

『〜の女』とあたかもなんかすごいキャラクターを持った濃い女がそれぞれ出て来そうなタイトルが付けられているが、どの彼女もいつしか出会ったことさえ忘れそうな、けれど確かに自分の人生に何らかの形で関わった、そんな11人の女たち。

輪郭さえもぼんやりするような女たちとのたわいもない思い出...誰にも経験があるように、普段は完全に忘れていて、ふとした瞬間に脳裏を横切るような思い出を、吉田修一はそこだけしっかり切り取って輪郭をつくって魅せる。

「まるで出会わなかったような出会いだったからこそ、何年も経ってから
 とつぜん懐かしく思い出すこともあるのだ。」
[PR]

by bookswandervogel | 2010-04-09 23:26
2010年 04月 05日

「真綿荘の住人たち」

b0145178_025068.jpg
島本理生は毎回かかさず読んでいる作家のひとり。
約一年ぶりの新作はいわくありげな大家さんがいる古い建物の下宿物語。

北海道から出てきた大和くん、物書きの椿さん、大きな身体の鯨ちゃん、大家さんの綿貫さん 綿貫さんの内縁の夫の晴雨さん。どの人をとっても一筋縄ではいかない人たち。自身の今まで書いた作品の要素を全部取り込んでみよう書いた作品だそうだが、内容を盛り込み過ぎていささか深みに欠ける気がした。

純粋で鈍感な大和くんが徐々に大人の世界に入っていく感じや、コンプレックスに悩み過ぎて愛されてることに気付かない鯨ちゃんの話はとても瑞々しくて共感好感が持てる。
あとは設定が複雑過ぎて入り込めない。
こちらの方が核の話なので、とくに何人も入り交じった下宿物語にせずに、これだけでじっくり書いたら良かったのになぁと少し残念。
[PR]

by bookswandervogel | 2010-04-05 23:58