BOOKS WANDERVOGEL

bookwangel.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2011年 07月 27日

「おおきなかぶ、むずかしいアボカド」

b0145178_0262857.jpg

たとえば音楽では、誰から誰へ向けてのメッセージだとか、大きく壮大なテーマだとか、何か教訓めいたものとかが歌詞に乗っている歌が苦手だ。
逆にすごくちっぽけなことをかっこ悪く歌ってたり、なんのことだかさっぱり?みたいな歌詞のほうが、ある時はっと思い出し、その時々にフィットしていつでも聴けるような気がする。

このエッセイのいちばん最後の章で、ムラカミさんは個人的にずいぶんつらいこと、胸が息苦しく、意識がばらばらになったままひとつにまとまらないような状態の時のベネチアへの一人旅で小泉今日子を繰り返し聴いた、と語っている。
それはたまたま村上龍さんが差し入れしてくれたテープだったのだけど
『何度も聴いたはずなのに、歌詞は思い出せない。ー言葉の内容は空白に近い。
でも繋がりを持たないことによってそれらの歌は、懐かしい暗号の切れ切れな響きとして、異国の地で僕を保護してくれた。』

私が『村上ラヂオ』を初めて読んだのは、仕事で2回目に指を飛ばして入院した時だった。昨年夏にはまた入院でたまたま再読。そして今回『村上ラジオ2』を読んだのは、ちょうど思いがけない壁がどーんと目の前に突き出た時でした。ほんとにたまたまですけれど。

振り返るとくだらなくて、さりげなくて、これと言った主張はなくて教訓めいたものも何もない。けれど切れ切れな響きとしてこの本は、無意識に私を保護してくれた。

『人はときとして、抱え込んだ悲しみやつらさを音楽に付着させ、自分自身がその重みでばらばらになってしまうのを防ごうとする。ー小説にもまた同じような機能がそなわっている。心の痛みや悲しみは個人的な、孤立したものではあるけれど、同時にまたもっと深いところで誰かと担いあえるものでもあり、共通の広い風景の中にそっと組み込んでいけるものだということを、それは教えてくれる。』

ああ私には本を読む、という趣味があって良かった。ちょっと助かった。
読んだ後の気分はというと、機知に富んでいてチャーミングな年上の人と、おいしくお酒を飲んで「楽しかったなぁ」とほろ酔いで鼻歌も出ちゃう帰り道、みたいな感じです。
[PR]

by bookswandervogel | 2011-07-27 00:26
2011年 07月 13日

「もうひとつの朝」

b0145178_0311998.jpg

『海炭市叙景』の復刊で20年ぶりに息を吹き返した佐藤泰志。
『海炭市』の後も次々復刊される中、ファンのさらなる熱い要望に応えて出版されたこの本は、彼の初期作品を集めたもの。

特に18歳高校生の時に書いた、鮮烈なデビュー作『市街戦のジャズメン』をどうしても読んでみたかったのでとてもうれしい。
佐藤泰志作品独特の不良性、反抗、孤独、苛酷な労働のリアリティ、汗がにおう生命力、青春という名の輝きと愚かさがむきだしに描かれている。
『兎』は文章の書き方に癖があるが、他の作品にはほとんど見られないので彼が試行錯誤して実験的に試みたことが窺える。そして彼が最も得意とするスタイルの、男二人女一人の三人で綴る物語の短篇が3作。この描き方は後の『きみの鳥はうたえる』や『そこのみにて光輝く』につながっているのだろう。
疾走感がたまらない『深い夜から』はとにかくかっこいい!文章のリズムが小気味好く、何かすごくかっこいい音楽に出会った時のような、せり上がる高揚感を感じながら読んだ。

昨年末から続いている私の佐藤作品に対する熱はまだまだ冷めようがない。
復刊された文庫のほか、クレイン刊の『佐藤泰志作品集』、今回の初期作品集『もうひとつの朝』にも収録されてない作品を、どうか本にしてください。熱望。
[PR]

by bookswandervogel | 2011-07-13 00:31
2011年 07月 06日

「なずな」

b0145178_20342334.jpg
40代・独身の菱山は子供を持つような機会からはいちばん縁遠いような人物。結婚という未来も特に無さそうだ。
そんな菱山はやむをえない事情から、弟の子供・なずなを預かることになる。

まだ生まれて間もないなずなは、ちょうど首がすわるか すわらないかの危うい時期。
彼は突然託された赤ん坊のオムツをいそいそと替え、温度と粉の量をきっちり計って授乳し、そうっとお風呂に入れて、ベビーカーで街にくり出す。
そこによくある「育児小説」の甘やかさは無く、だんだんと父性に目覚める・・・という成長もない。

あるのは、ある日突然赤ん坊が自分の生活の中心に現れる「未知との遭遇」と、それに伴う自分と周りとの関係の変化だ。
自分の周りの人達が、赤ん坊を育てる彼を励まし、一緒に育てようと手を差し伸べてくれる。自分の両親、さらには弟の妻の両親とまで自分から連絡を密に取るようにする。伊都川市という土地の日報を書く記者の彼は、在宅で仕事をこなすが、いざ散歩になずなを連れて出ると、誰彼となく声をかけられる。

40代で独身で一人暮らしで決まったパートナーも居ない男の生活であれば、こんなに人と関わることはきっと無いだろう。
自分が世界の中心だったのが、中心は彼女に取って代わっているのだ。「俺が」「私が」という話にはならない。飲んで寝てげっぷして便を出して泣くだけの、なずなという命のかたまりみたいな存在を自分が守っているようでいて、実は彼女に守られていることに彼はゆっくり気付いてゆく。

彼の住む伊都川の街も、彼の周りの人々も400ページの中でゆっくりと変化する様が描かれる。
彼の置かれている環境、なずなの両親のこと、周りの人の輪郭がだんだんに解き明かされるので、長さは全く苦にならずに読めた。
子供が居る人にも、全く関わりの無い人にも、どちらにもおすすめ。
[PR]

by bookswandervogel | 2011-07-06 23:56