BOOKS WANDERVOGEL

bookwangel.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 24日

「現実入門」

b0145178_2341541.jpg
『必死の思いで現実に立ち向かう』と帯に書いてある。
穂村弘が人生の経験値を上げるため、立ち向かった『現実』は 献血、コンパ、はとバス、占い・・・。

42歳の穂村弘は、未熟さ加減 妄想の激しさ ダメ男ぶりは相変わらず。
内向きな彼特有の感覚で 様々な初体験を語るが、現実の出来事と脳内妄想が混沌としていて逆にリアルな感じ。だっていろんな事考えるでしょ? 何かに集中しているように傍から見えても、実はぜーんぜん違うこと考えてたり。

これを読んでから、何か予想しえなかった現実に直面したとき 始めの章のタイトル、『現実だな、現実って感じ。』が頭をよぎります。
[PR]

by bookswandervogel | 2009-03-24 23:48


<< 「告白」      「不連続の世界」 >>