BOOKS WANDERVOGEL

bookwangel.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 10日

「きのうの神さま」

b0145178_131979.jpg
『ゆれる』の映画監督・脚本家として脚光を浴びた西川美和。映画の後に小説化された『ゆれる』に続いての2作目。

『ゆれる』を読んで、プロフィールを見て、この人は何なんだ!?と当惑した。今回も読み終わってその小説表現の巧さに驚いた。

「きのうの神さま」という表題作は無い。
医療に関わる人を題材にした短編小説とあるが、「医療」と言ってもこの人が取り上げる部分は誰もほとんど目がいかないようなところだ。
そういえば、よく見たら装丁もなんかちょっと風景がおかしいぞ・・・?
この人が作る作品は個性的なんだけれども、出てくる人と人との間に流れる空気に既視感があると言うか、なにか懐かしい感じを憶えるのだ。

絶対的な悪ではなくて、普段は忘れてしまっているけれど ある時ふっと顔を出す陰の部分。いわゆる「いい人」が油断してちらりと見せてしまった その人の隠していた棘のようなもの。
それらを日常の中でさらりと描くのが、この小説家の真骨頂だろう。
あれ小説家だっけ?映画監督?脚本家? 活字でも映像でも、この人の作品から目が離せない。 
[PR]

by bookswandervogel | 2009-05-10 02:15


<< 「しずかの朝」      「本屋さんに行きたい」 >>