BOOKS WANDERVOGEL

bookwangel.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 30日

「本の未来をつくる仕事/仕事の未来をつくる本」

b0145178_1319154.jpg
若いゆえに直球で、素直。自分の可能性を信じてるから 未知の分野に飛び込むことにてらいが無い。そんな勢いのある内容と文章。

本の面白さを信じている人だ。本嫌いな人、本と普段関わりの少ない人、本の世界にどこから入っていいかわからない人に対して どうしたら本を楽しんでもらうことが出来るか?をあらゆる方向から考える。

私などは読書が趣味では無い人にはその他にいろいろな趣味がおありなのでしょう、という考えだけれども、内沼さんは現代の若者における『本』の位置や、時代の流れに乗った出版物への危機感などを問題提起していて、”ブックコーディネーター”という今どきな肩書きはついているけれど 本の業界に対して冷静な見識も備えている。

面白いなと思ったのは内沼さん世代(30代前後)を軸として、その親は「本を読まないやつはバカになるぞと思っていた世代」で、内沼さん世代は「本を読まなきゃいけないとどこかで思っている世代」、そしてその下に「本は自分とは関係ないと思っている世代」が生まれてきているという項目。
自分達の世代は、おそらくぼんやりとでも奥底に本に対する興味がある人達だけれども、その下の世代に向けて「これを読むべき」とか「こう読むべき」などと強要せずに『自然と入りたくなる本の世界へのドア』を作るのが彼の夢なのだ。
[PR]

by bookswandervogel | 2009-05-30 14:30


<< 「人生問題集」      「滝平二郎さん」 >>