BOOKS WANDERVOGEL

bookwangel.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 18日

「あの子の考えることは変」

b0145178_23273948.jpg
うむむ残念。本谷第二回目の芥川賞候補に上がるも受賞を逃しました・・・。次点だったという噂も。山田詠美選考委員の評価はかなり辛口だったけど。

岡田利規や前田司郎、戌井昭人といった若手劇作家が小説界をじわじわ揺すぶりかけている。その中でも群を抜いて注目度の高い本谷有希子だが、敗因はいったい何だったのか。

田舎で同じ高校だった同級生との、ひょんなことから始まった共同生活。
「塔」のある街で、問題ありありな女子二人のへんてこな暮らし。
『あの子の考えることは変』と言っている『この子』も相当ヘン。
二人はまるで鏡を見るように相手を見て、それでも「こんなのは自分じゃない」と否定する。
やはりテーマは自意識。テンポよく進み 徐々にスピードを上げていく疾走感はさすが。
けれど今回は今までに無くエロとグロが炸裂!
本谷作品を全部読んできた私でもちょっとひくくらい。いい気分で仕事に向かいたい通勤中の楽しい読書の時間にはちょっと・・・と避けるくらい。

でもラストがなぜか爽やかで晴れやか。泥の中から ぷっくりと美しい蓮の蕾が出るような。
[PR]

by bookswandervogel | 2009-07-18 23:57


<< 「宵山万華鏡」      「もう私のことはわからないのだ... >>