BOOKS WANDERVOGEL

bookwangel.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 10日

「学問」

b0145178_005332.jpg
最近は専らエッセイや文学評論、芥川賞の選考委員として名前が挙がることが多い山田詠美の2年ぶりの小説。

生と性を描いた青春小説であり恋愛小説。
「人間の欲望ってものをきちんと取り上げてみたい」という思いで書かれたものらしく、食欲・性欲・支配欲・睡眠欲・知識欲をそれぞれ持った人物が出てくるが、象徴的過ぎてリアリティに欠けた気がする。
好きな作家だけに前評判の良さに期待し過ぎたのかも・・。

『蝶々の纏足』『風葬の教室』『放課後の音符』『僕は勉強が出来ない』などの思春期を描いた作品の集大成とも言える作品だと思うが、長編より短編の作品の方が山田詠美の魅力を感じる。

初期の頃の黒人との恋物語・・自由で軽快でウィットに富んでて、かつせつない抒情を描いた作品が好きな人(私がそう。)にはあまりオススメしません。
[PR]

by bookswandervogel | 2009-09-10 00:51


<< 「いらっしゃいませ」      「くまちゃん」 >>