BOOKS WANDERVOGEL

bookwangel.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 15日

「これでよろしくて?」

b0145178_0182370.jpg
待ってましたぁー!の川上弘美の新刊。
でしたが、少しばかりエッセイ寄り?(川上さんのエッセイはほとんど読んでないけど。)の小説。
『痛快ガールズトーク小説!』と謳っていましたが、あんまり私の好きなタイプではなかった....。

一人の若い主婦・菜月が不思議な会『これでよろしくて?同行会』にひょんなことから入会。
なかなか言葉に表せない感情や、人に聞くのもはばかられる日常の些細な疑問を議題に挙げ、老若女子が議論する不思議な会。

「話すほどのことじゃない、ことの方が、説明しやすい悲劇、よりも、むしろ後になってじわじわと効いてきちゃうのよね。」
「誰に、どのくらい、どのように、遠慮すればいいのか。反対に、誰に、どのくらい、どのように、遠慮なくふるまうべきなのか。」
会社勤めのあれこれ、家族というもののしがらみ、嫁姑問題・・・解りやすくグサッと刺さる傷ではなく、目に見えない いつのまにかできてしまった傷、ゆっくりゆっくり進んで行く病のようなものを抱えた菜月は、疑いながらも会に参加し続けるうちに 「だんだん だんだん わかってくる」のだ。

相変わらず主人公はぼんやりしているけれど、話す内容がちょっとガールズ..というよりちょっと所帯染みてる気がする。もっと夢のある、違う世界にふいっと連れて行ってくれる川上作品が読みたい。
[PR]

by bookswandervogel | 2009-10-15 01:00


<< 「父を葬る」      「新参者」 >>