BOOKS WANDERVOGEL

bookwangel.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 06日

「食堂かたつむり」

b0145178_2312568.jpg
少し前に話題になった小川糸さんのデビュー作。
巷で流行りの『森ガール』(知ってますか?)が好みそうな、緑に囲まれたファンタジックな食堂のお話。

読んでいるうち、あぁお料理がしたい・・とむくむく感じてくる。
しかもじっくり時間をかけて なるべく丁寧な作業で。
食材を選ぶところから、実際に作るところ、また調理器具までが魅力的に ふんだんに描かれている。
「ザクロカレー」「ジュテームスープ」「ルウツァイ」「ラプサンスーチョン」「ピーマンドルマ」・・どんな味かも見当もつかないメニューは自分の中でほわほわとおいしいイメージを広げた。

自然を描写した場面の語り口がきれいでやさしく、装丁も含めてかわいらしいイメージがあるものの、何故かたまに「?」となってしまうほどの下品な会話が出てくる。わざと使っているのだろうけど、糸さんの意図がよく解らなかった。
また話の流れとしてはよくある展開で そういう感動のさせ方はもういいや・・誰も死なせない話が読みたいな、と思っている私にはちょっと食傷気味だった。

来年2月には映画化されるそうです。りんごちゃん役は柴咲コウさん。
[PR]

by bookswandervogel | 2009-12-06 23:47


<< 「蝶々喃々」      「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」 >>