BOOKS WANDERVOGEL

bookwangel.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 27日

「初夜」

b0145178_23401979.jpg
1962年イギリス。結婚式を終えたばかりの二人は初めて訪れる「そのとき」を前に緊張しながら食事をしている。
出会い、惹かれ、正しい確かな愛を育んできたはずなのに たった一日のこの後の数時間が二人の間に決定的な溝をつくってしまう。

彼らのぎこちなさを半ば滑稽に語りながら、一方では彼らのこれまでの出会いからの美しい日々を振り返る。
そのゆったりとした幸せに溢れる時間の描写と、興奮と歓喜 緊張と恐怖を緻密に描いたその夜の描写はあまりにも対照的で、愛し合う彼らに暗雲が迫って来る感じに狼狽えてしまう。

時代背景もあったのだろう。
ビートルズのデビューはこのすぐあと。ジミヘンは1966年に登場し、愛と平和を謳ったウッドストックは1969年に開催された。彼らの居た時代はまだまだ性について語られるには早過ぎたのだ。
その後の二人の行方も後半で語られるが、決して不幸な人生は送ってはいない。
けれども彼や彼女が 疑いようもなく愛し合っていた頃の互いの姿を、ちらりとでも思い出すとき、あったかも知れない未来を想わざるを得ない。
[PR]

by bookswandervogel | 2010-02-27 00:55


<< 「自分なくしの旅」      「愛は苦手」 >>