BOOKS WANDERVOGEL

bookwangel.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 27日

「リアルシンデレラ」

b0145178_0382688.jpg
誰もが知ってる「シンデレラ」。
でもあのお話に出て来るシンデレラって、本当に幸せなの?
『シンデレラストーリー』と言われるようなお話って、自ら幸せを手に入れた人に使うのだろうか?

というのが冒頭の部分。
そして主人公として出て来るのは倉島泉という、他人から見て とてもとても地味に生きた一人の女性。
小さい頃から特に誰から愛されるということも無い、という点は 姉妹 継母から蔑まれて生きてきたシンデレラと似ているが、その後お金持ちの王子様に見初められるようなことは無く、意地悪な人々に仕返しをするのでもなく、お城にお嫁に行くような出来事も無い。

けれど様々な人物から語られる「倉島泉」はそれぞれ見方は少しずつ違いがあっても、実際の本人は自分の価値観をしっかり持った 幸せな女性に見える。

幸せというのは他人の価値観によって決まるものではない。
新たな『シンデレラストーリー』を著者は作りたかったのだ。
姫野カオルコ久々の長篇小説。彼女の”ある女性の一代記”を書いた長篇は(「ツイラク」しかり「ハルカ エイティ」しかり)どれもとても印象的な女性が描かれていて好き。
[PR]

by bookswandervogel | 2010-04-27 01:11


<< 「真夜中の金魚」      「星が吸う水」 >>