BOOKS WANDERVOGEL

bookwangel.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 12日

「人質の朗読会」

b0145178_0155766.jpg
タイトルから「どんな話だろう?」と興味を持った。
しかしタイトル通りなのである。

プロローグの場面で、彼らがある事件に巻き込まれたことを知る。
しかも始まってわずか2ページ目で、犯人が仕掛けたダイナマイトの爆発により8人全員が死亡した事実が知らされる。 衝撃。

この物語は拘束されていた百日以上の間に、人質たちが自ら書いた話を朗読していた声が、現地の特殊部隊によって小屋にしかけられていた盗聴器に残されていたものだ。

けれども残されたものは遺書ではなかった。
長い人質生活の中、今自分たちに必要なのはじっと考えること。いつになったら解放されるのかという未来ではなく、犯人でさえも邪魔はできない・奪うことができない、自分の中にしまわれている過去、未来がどうあろうと決して損なわれない過去を、彼らは静かに語ったのだ。

誰かの役にどれだけたっただとか、自分はこんなすごいことをしただとか、そんな輝かしいものではなく、誰のものでもない時間を、それぞれがささやかに生きたという、ほんとうに何気ない日常のひとコマ。
どちらかというとぼんやりした、夢のような話を読むにつれ、「私は そして周りに居るたくさんの人は たったいま、なんとかけがえのない一度きりの人生を送っていることよ!」と胸の奥から熱いものがふつふつと湧いてくる。死と隣合わせの、不思議な明るい希望。

『こちらあみ子』の表紙とあれれ?とお気づきかも知れないが、密かで清閑な雰囲気のある彫刻は土屋仁応さん。5/25〜横浜高島屋でグループ展をやるそうです。
[PR]

by BOOKSWANDERVOGEL | 2011-05-12 23:54


<< 「おかしな本棚」      「こちらあみ子」 >>