BOOKS WANDERVOGEL

bookwangel.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 19日

「おかしな本棚」

b0145178_2328363.jpg
電子書籍が今よりもっと世の中に浸透しても、本は無くならない、と断言できる。
私自身がアナログ寄りだから、という訳ではなく、やはり「本好き」は実際手に取る「本の手触り」と「本の存在感」が好きなのだ。

さてこの本は、人に招かれてその家の本棚を偶然目撃するような(さりげなく、でもじっくり見てしまう)、いわゆるフツーの本屋ではなく、店主のカラーがしっかり出ている編集された本棚を端から端まで見て、その謎を解くような、そんな本である。

クラフト・エヴィング商會は作家であり、装丁も手がけるデザインユニット。装丁デザインをする人たちなのに、出てくるのは本の背表紙ばかり。
けれどその本棚の『編集』のしかたに魅力があり、細いけど味のある背表紙を眺めてはわくわくする。

本屋に行って本棚を眺めるとき楽しいのは、この出会いの妙なのだ。
これは電子書籍には無いし、ネット書店でも出会えない。
欲しかった本を探し、その隣にある本もついでに眺めていく。
またはジャンルごとではなく、コンセプトを持って編集された棚を見ると、同じ本でもまったく別の本のような魅力が新たに見えてくる。

『いつでもそこに「読みたい」が並んでいるのが本棚で、その愉しさは、読まない限りどこまでも終わらない』
この部分を読んで、なんだか毎日の本屋の仕事に、ぴゅーっと素敵な風が吹いてくるかのようでした。
いつもとちょっと趣向の違う装丁だからか、従来のクラフト・エヴィング商會ファンだけでなく、幅広い層の人に手に取られてる気がします。
[PR]

by BOOKSWANDERVOGEL | 2011-05-19 23:58


<< 「移動動物園」      「人質の朗読会」 >>