BOOKS WANDERVOGEL

bookwangel.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 28日

「身も心も」

b0145178_21152773.jpg
光文社 テーマ競作『死様』シリーズでもう一点。

本の1ページ目から素敵なはじまりを予感させるボーイ・ミーツ・ガール。
けれどこの物語のボーイは6年前に妻に先立たれた礼二郎、75歳。

家に籠りがちな礼二郎は息子夫婦に薦められ、老人クラブの絵画同好会に入会した。
そこで身のこなしが軽やかで魅力的な65歳の幸子と出会う。
ひょんなことから絵を交換することになった真冬の公園のベンチで、互いの身の上を初めて話し、礼二郎はそれまで言葉にすることの出来なかった妻の臨終の時の自分の気持ちや、その後の喪失感までを思いがけず吐露してしまう。熱心に耳を傾けてくれた幸子に礼二郎は惹かれていくが、独り身の幸子は謎の多い女性だった..。

字も大きく、長さも中編、といったところだけれど、礼二郎と妻の関係、高齢期の男の悲哀、幸子の波乱に満ちた過去、高齢者の恋・・・と読ませるテーマが盛り込まれているにもかかわらず、書き過ぎていない上品さがあり、上手いなぁと唸らせる。

前作の『二人静』も『君がつらいのは、まだあきらめてないから』も、人の人生がゆっくり終末に向かっていて、一般的に言ってあまり明るくはない方向に進んでいるにもかかわらず、何か小さな光が同時に芽生えてくる、というとても表現の難しい しかし希望のある物語を、続けて盛田さんは描いている。

畳み掛けるようなラストは圧巻。それまでの文章とリズムが全然違って、読む手にぐっと力が入る。
命の最後のスパークを見たかのようだった。
[PR]

by bookswandervogel | 2011-06-28 23:58


<< 「なずな」      「翼」 >>